見にくいと評判だったホームページを新しいものに更新しました。

 

今回はスマートフォン対応になっています。

あまり機械が得意ではないので、うまくできていないところもあるかと思いますが、徐々に改善できればと思っています。

 

更新しきれていない部分もまだありますので、内容などについてはお問い合わせください。

少しずつですが、進めていきますのでお待ちください。

 

『わたしのかたち』というフリーペーパーで紹介していただきました。

 

さまざまなステージで輝く女性たちの愛する「かたち」を知ることで、 その「ひととなり」を知ることができる冊子です。

 

私の「かたち」は土鍋とフライパン。

 

毎日使う日用品。

そして靴も同じ、毎日使う日用品です。

 

どんなものでもいいけど、自分が使いやすいものがいいですよね。

そんな思いを聞いていただき、素晴らしくまとめてもらいました。

 

『ちょっと一息の時間』として、この冊子のカメラマン佐々木さんが経営されているカフェ「sakurano ma」さんで行われるワークショップも紹介しています。

 

カルツも6月から月に1回、革スリッパのワークショップを行います。

 

お飲み物とケーキ付きのワークショップになります。

ご興味ある方は、気軽にご連絡ください。

 

 

『わたしのかたち』https://watashinokatachi.com/

『sakura no ma』https://sakuranoma.com/

 

 

「平成」から「令和」へ移り変わるゴールデンウィーク。

カルツもお休みをいただきます。

 

4月30日(火)〜 5月6日(月)

 

電話やメールでご連絡をいただいても、返信が遅れることがございますのでご了承ください。

 

お休み前日、4月29日(月)は『革スリッパのワークショップ』があります。

まだ空きがありますので、ご興味ある方はぜひご参加ください。

お申込みは4月27日までとなっております。

 

 


先日、東京に行ってきました。

 

目的は「バランスケア」のセミナーです。

 

以前仙台でファーストステージを受講したので、今回はセカンドステージ。

体の動きのバランスを整える方法を学びます。

 

足に合っていない靴を履いていると体のバランスが崩れて、痛みが出たり足に変形が起こったり、良くないことばかり。

まずは足に合う靴を履くこと。

それから骨格や筋肉の付き方や動き方、癖などを見極めて、中敷きでバランスを整える。

…ことができるよう、学んでいます。

 

今回もたくさん頭を使いました。

 

 

せっかくの東京。

買い出しもかねて2日目は浅草に行ってきました。

 

恒例の浅草寺へのあいさつ。

平日にもかかわらず、すごい人です。

外国の方が多く異国のよう。

 

たまたまお祭りで、ちょうどお神輿が。

ラッキーでした。

 

以前知り合いになった靴職人さんに教えてもらったお店に行ったり、足りない材料を買ったりとうろうろ。

 

天気が良くてよかったです。

 

最後に浅草文化観光センターへ。

実は3月15日は「靴の記念日」でした。

そのメモリアルイベントで、「昭和の名靴(手製靴と機械靴の競演)」が開催されていたので、見に行ってきました。

 

 

井上諒さんという方の、日本のヴィンテージ靴のコレクションがずらりと並んでいました。

 

レトロで素敵な靴がたくさんありました。

 

今回の東京は、靴と足について考えた2日間でした。

 

予定では26日に仕事納めでしたが2日伸び、本日が年内最後の仕事でした。

 

今年、ご来店くださった方々、ありがとうございます。

 

今年お世話になった方々、ありがとうございました。

 

たくさんの方々に支えていただき、この1年を乗り切ることが出来ました。

本当に感謝です。

 

来年は少しでもお返しできるよう、頑張っていきますので、よろしくお願いします。

 

 

頑張りどころ、新年1発目のイベントが決まりました。

1月13日(日)『建築工房 零』さんで開催される「革スリッパのワークショップ」です。

 

 

13:00〜16:00の3時間、定員4名の少数ワークショップになります。

ご興味ある方はお早めにご予約いただけるといいかもしれません。

 

スリッパのサイズ、革の色を決めて、1月11日までにご予約ください。

 

ご不明な点などございましたら、気軽にご連絡ください。

 

零さんのイベントページ

https://www.zerocraft.com/events/workshop/6026/?fbclid=IwAR25NvNBL1Rsg7lhBlXk3Fa7R8iyyGBit2QBn2FY-7rpDSV56aPkCzLXfms

 

 

年末年始は菅沼靴工房さんのお休みと合わせて、カルツもお休みをいただきます。

 

2018 / 12 / 27 〜 2019 / 01 / 03

 

上記の間お休みをいただきます。
お電話やメールにてご連絡をいただいても、返信が遅れることがございますのでご了承ください。


東京に買い出しに行ってきました。

 

18日のイベント終了後、夜行バスに乗って東京へ。

早朝に浅草に到着しました。

 

天気は曇り空で、スカイツリーのてっぺんは見えません。

 

いつものように浅草寺に挨拶へ。

さすが東京、何かの撮影の準備をしていました。

 

お参りを済ませて横を見ると、大きな羽子板が。

年末を感じます。

 

そして恒例のおみくじ。

初めて見る末小吉。

順番的には大吉の次に良いような感じでした。

ちょっと嬉しくなって、元気に買い出しへ!

 

革をはじめ、材料や工具などいろいろなお店を回り、夕方には帰りのバスへ。

ちょうど24時間くらいで帰宅しました。

 

帰り道は東北の寒さを感じていました。

 

久々の東京、やっぱり仙台が良いです。

 

 

 

本日、バランスケアインソールのセミナーに参加してきました。

 

バランスケア理論とは、靴やインソールを用いて歩行バランスを整え、問題点を原因から解決することを概念とするものです。

人は歩くとき、左右前後にバランスを取っています。

そのバランスが何らかの原因により崩れてしまうと、疲れや痛みなどの症状が出ます。

靴やインソールは歩くための『道具』。

その『道具』を使ってバランスを整え、痛みなどの症状を改善しようという理論です。

 

バランスを見るためには、医学的な知識も必要になります。

足の骨や関節、筋肉や動きについて勉強。

 

インソールの効果を得るには、足に合う靴が必要です。

足に合う靴を履いている人は、とても少なく、正しい履き方も浸透していないのが現実です。

合う靴を選ぶための正しい採寸の仕方、履き方も勉強。

実際にペアになって実践しながら学びます。

数値を見ながら、その人の足の特徴をみます。

 

そして、バランスの見方を学びます。

全身を見てバランスの崩れを確認し、インソールを入れ正しく靴を履いてもらい、変化を見ます。

このバランスの見極めと、どの位置にインソールのパットを入れるかが大切。

 

このセミナーで、合う靴の大切さと靴は歩くための『道具』だということを改めて実感しました。

そして靴で全身のバランスが変わることも、実感しました。

今後も勉強を続けて、より良い靴作りをしていきたいと思います。

 

本日お世話になりました、講師の佐々木先生、講習場所『旅ゆかば』代表の大友さん、サポートしてくださった講師の方々、一緒に講習を受けた方々、ありがとうございました。

 

 

 

 


新しいロゴの焼印を作りました。

 

小物用に小さいサイズと、靴用に大きいサイズ。

細い線の部分も、問題なくキレイにできました。

 

どの商品も焼印を押すと、なぜか高級感がグッと出て良い雰囲気になります。

 

11月のイベントに、この焼印の商品を販売しますので、

見てみてください。

 

 

9月10日に発行された、ものづくり産業広報誌「オガーレ!ACE」で職人として紹介していただきました。

 

「オガーレ!ACE」とは、宮城県がものづくり産業を広めるため、年4回発行している広報誌です。

内容は工場で働いている人々にスポットを当て、その人を通してものづくりの素晴らしさを伝えています。

その中の『技の肖像』という1ページのコーナーで、宮城県の職人を紹介しています。

今回、そこで紹介していただきました。

 

『職人』として紹介していただくの恥ずかしいですが、とても素敵な写真を撮っていただきました。

まだまだ職人には成れていませんが、少しでも近づけるよう、頑張りたいと思います。

 

雑誌は手に取ることが難しいかもしれませんが、宮城県のホームページから見ることができます。

ご興味ある方は、ご覧ください。

https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/sanzin/ogale-ace.html