11月、たくさんのイベントに出展させていただきますので、

お知らせします。

 

その前に、本日のイベント。

緑水庵で行われた和草(nikogusa)さん主催の『ハーブで遊ぶ二十四節気七十二候』で、

革靴のお手入れについてお話させていただきました。

 

講義中の写真は全くないので、緑水庵の玄関と革スリッパのサンプルを。

 

毎回お昼ご飯を作ってくださっている田村さんの、本日のごはん。

 

田村さんのごはんはオーガニックや無添加の食材を使っていて、とても美味しく体に良いのです。

さつまいものおにぎりや、柿とカブの白和えなど、秋を感じました。

 

本日参加してくださった方々、主催の和草さん、田村さん、

ありがとうございました。

 

 

さて、11月のイベントのお知らせです。

3週連続で、3つのイベントに参加します。

 

1つ目はアエルの1階、2階アトリウムで開催される『奇数アトリエinAER』

2019年1月から本格スタートする新しいイベントです。

年6回奇数月のみ開催し、東北の様々な作家さんの作品を見ることができます。

今回はそのプレイベントとなっており、第0回なのです。

11月の2日から3日間開催されますので、お近くに来た際には見てみてください。

 

2つ目は『千日紅祭り』

今回は初の夢メッセで開催されます。

カルツは11月10日の2日目のみ参加となります。

詳しくは千日紅さんのブログをご覧ください。

https://blog.goo.ne.jp/to844

 

 

3つ目は、立町のつむぎ雑貨店さんで開催される『冬の小さなおくりもの展』

カルツ含め6名の作家が集まって11月17、18日の2日間行われます。

アットホームな雰囲気になりそうな...

ご興味ある方はぜひ!

 

今、イベントに向けて準備の真っ最中です。

どんなものを販売するのか少しずつ紹介していけたらと思います。

 

 

昨日、青葉区の茶室『緑水庵』で、

和草(nikogusa)さん主催のお茶遊びに、ゲストとしてゲストとして呼んでいただきました。

 

『ハーブで遊ぶ二十四節気七十二候』というもので、

和とハーブを四季に合わせて使い、季礼で暮らすヒントを探すというお茶遊びとなっています。

その中で、「ものを大切にしていく」というテーマで、様々なゲストがお話される講座に、講師として呼んでいただきました。

内容は靴のお手入れ。

 

和草さんのウェルカムティーの後、実演を交え15分ほどお話させていただき、

お茶遊びの間に履いてこられて靴をお手入れするというものでした。

 

 

講座の次は、お食事。

マクロビを学ばれた方が作った、とっても体によいご飯です。

 

食事の後はお抹茶。

和草さんがたててくれます。

お茶菓子も美味しい。

 

次は和草さんのワークショップ。

今回は紅花の種まきでした。

土と種をいただき、自宅で種まき。

牛乳パックプランターを作り、蒔いてみました。

 

最後にティータイム。

 

 

普段はなかなか入れない場所なので、お客様のいない時間にお庭や室内を撮影させていただきました。

 

 

素敵な場所で、季節を感じながら楽しい時間を過ごさせていただきました。

ものを大切にしていくこと、靴だけではなく様々なことに繋がります。

 

 

 

昨日、革スリッパのワークショップを開催しました。

 

参加者は、午前、午後共にお1人ずつ。

どちらも先日のLuccicaを見て、ご連絡くださいました。

 

午前の方は、プレゼント用にLLサイズをお作りになっていました。

 

革は黄色。

 

 

プレゼントということで、緊張しながら作られていました。

 

 

とても丁寧にキレイに作られていました。

 

早めに片足仕上がったので、残りの時間でもう片足を縫っていました。

早く仕上がりそうですね。

プレゼント、喜んでもらえると良いですね。

 

午後の方は、ご自分のを緑の革で。

 

 

 

ステッチの色によって出来上がりの印象が変わるので、

とても悩まれていましたが、革と同色に決められました。

 

ご自分でお洋服を作ったり、着物を直したりされているそうで、

サクサク縫われてました。

 

早めに片足縫い上げて、残りの時間は工房見学。

靴を作るときに使うミシンや工具など、驚きながら見学されていました。

 

お二人共楽しそうにされていて、良かったです。

 

 

12月のスリッパワークショップは、

雪がちらつく中、2名の方が参加してくださいました。

 

真剣に縫っています。

 

縫い始めは糸が長いので、なかなか苦戦。

それでも着実に縫っていきます。

 

糸の張りの強さなどを確かめながら進めます。

 

少し時間をオーバーしましたが、無事完成。

 

こちらは旦那様へのプレゼント。

還暦のお祝いだそうです。

 

頑張ってもう片足も仕上げてください。

 

 

 

11月のイベントが、無事終わりました。

 

1つ目は『千日紅まつり』

八乙女の農直レストラン、穂野かさんの2階で開催されました。

 

 

たくさんの方が来てくださいました。

ありがとうございました。

 

主催の千日紅さん、一緒に出店されていた作家の皆さん、ありがとうございました。

 

 

2つ目は『第5回 みやぎの力 アート&クラフトフェア』

仙台三越7階で開催されました。

カルツスペースは、アートギャラリーの向かい側。

 

クリスマスを意識したディスプレイにしてみました。

サンタオーナメントをツリーに飾ってみたり…

 

新作のコースターも、たくさんお嫁に出すことができました。

 

他の出店者の方の作品も、一気にご紹介します。

 

    

 

   

 

   

 

   

 

   

 

三越の担当の方々、一緒に出店していた作家の方々、お世話になりました。

ありがとうございました。

 

どちらのイベントも、ご来店くださった方々、ご購入くださった方々、

本当にありがとうございました。

 

オーダーをいただいた方々、しっかりお作りしますので、

もう少しお待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

11月のイベントのお知らせです。

 

11月はイベントが2つあります。

1つ目は『千日紅祭り』

 

16日〜18日の3日間、「農直レストラン穂野か」さんの2階で開催されます。

主催は千日紅さん。

一閑張や和雑貨を作られています。

http://www.eena.jp/kakisibu/

 

2つ目は『第5回 みやぎの力 アート&クラフトフェア』

24日〜28日の5日間、「仙台三越」の7階にて開催されます。

宮城県内の作家さんを集めて、作品を販売します。

 

11月のイベントには、新作を用意しました。

革のコースター。

 

革の端切れを張り合わせて、1つずつ手作りしています。

 

大きめのカップもおさまる、10×10の正方形。

端切れを使っているので、同じものは1つもありません。

お好きなデザインを探してください。

 

『千日紅祭り』『第5回 みやぎの力 アート&クラフトフェア』、

どちらも興味のある方はご来場ください。

 

昨日、革スリッパのワークショップを開催しました。

今回は日曜日ということもあり、午前午後とたくさんの方に来ていただきました。

 

午前はお友達同士の3名。

革をハサミで切って、抜きを使って穴をあけて。

 

その間に、中敷きに好きな文字をハンコします。

 

あとは縫うのみ。

 

皆さん、黙々と作業されてました。

 

無事、片足完成!

 

 

お二人は同じ色の革でしたが、ステッチの色が違います。

ステッチが変わると、印象が違いますね。

 

赤い革で作られた方は、左右でステッチの色を変えていました。

 

片足が縫い終わっても時間があったので、もう片足に突入しています。

早い方は、半分くらいまでいってました。

 

午後も3名。

高校の同級生なのだそうです。

 

皆さん、同じ革の色。

 

午前の方々と同じように、集中して縫われてました。

残り時間30分以上残して、続々と片足完成。
お揃い、出来上がりました。
午後の方々も、もう片足を縫い始めました。
午前の方も午後の方も、お家で仕上げて履いてみてください。

いよいよ寒くなって、スリッパの季節ですね。

 

革スリッパのワークショップ、冬の間は開催しようと思います。

今後の予定は、以下の通りです。

 

11/21(火)

12/12(火)

 1/23(火)

 

これ以降の予定は決まり次第、お知らせいたします。

 

すべて平日の火曜日のため、夜の時間帯を増やしました。

 

午前の部 9:30-12:30

午後の部 14:30-17:30

夜の部  19:00-22:00

 

お仕事帰りの方でも参加していただけます。

 

スリッパのサンプルを、秋保のカフェ『Kukka』さんに置いていただいています。

 

Kukkaさんのご主人が、履いてるかもしれません。

 

興味のある方は、お食事がてら、寄ってみてください。

 

 

10月17日、革スリッパのワークショップを開催しました。

 

革の色、サイズはお申込み時に伺い、用意しておきます。

まずは革を切ります。

参加してくれたEさんは、黄色の革。

 

クラフトハサミで切れます。

 

次は縫うための穴をあけます。

 

 

これは結構楽しい作業。

 

糸の色を決めたら、いよいよ縫います。

 

糸が長いので絡まったりして苦戦していましたが、丁寧に縫っていました。

残念ながら時間内に仕上がらず、お家で縫ってもらいましたが、あと少しのところで糸が足りなくなったとの連絡が!

次の日のお仕事終わりに来ていただきました。

スミマセン。

 

糸を足して、無事片足が完成しました。

 

中敷きには日付を入れました。

 

もう片足、頑張って作って、履いてみてください。

 

 

 

 

革スリッパのワークショップを行います。

 

イタリアのベジタブルタンニンレザーを贅沢に使った、人と地球にやさしいスリッパです。

足が入るところには、植物の渋でなめした牛革と豚革を使用しています。

 

甲を深く覆うので、歩きやすくなっています。

 

色は赤、黄、緑、濃茶の4色から選べます。

使うほどに足に馴染み、革の色も変化していきます。

 

サイズはS、M、L、LLの4サイズ。

中敷きには好きな文字を入れることができます。

 

興味のある方は、カルツのHP『Event』をご覧下さい。

http://calz.sakura.ne.jp/