「由織染織房」さんのピン・クッション。

コロンと可愛い形をしています。

 

余っている糸を丸めて作られたピン・クッション。

それを包んでいる革は、カルツのファーストシューズや革スリッパの中敷きに使っている豚革の端革。

 

「由織染織房」さんは、羊の毛を洗い、紡ぎ、染織し、織るという工程のすべてを行っています。

作品も大きいものから小さいものまで作られていて、どれもとても素敵です。

 

カルツをオープンしてすぐのイベントでご一緒になり、今まで仲良くしていただいています。

「ピンクッションの底に革を使いたい」とご相談いただき、靴に使えない端革を使っていただきました。

 

羊と豚のコラボレーション。

羊毛には適度な油分があり、刺している針の錆びを防ぎます。

豚革で包むことで、針が貫通せず針先が痛むのを防ぎます。

 

「使えないけど捨てるのはもったいない」と思っているものをこのような形で作品にしてくださって感謝です。

 

「由織染織房」さんのインスタグラムでは他にもたくさんの作品の写真がありますので、ご興味ある方はご覧ください。

https://www.instagram.com/yuorisenshokubou/

 

 

 

 

 

 

関連する記事
コメント
コメントする