先日、2名の方に靴のお渡しができました。

どちらも黒のヌバック。
ヌバックは革の表面を起毛させているため、スエードに比べて強度があります。
そして手触りがいい。

1人目の方は、黒ヌバックにベージュの裏革。



プラットフォームをつけたり、太いヒールを使っています。



足が小さくてサイズがない上に、ふまずが高くて合う靴がなく、
いつもかかとがパカパカしていたそう。
履いていただき、「ホールド感がいいね」と言っていただきました。




2人目の方は、紫の裏革。



足首にベルトを付けました。
足が細くて、既製靴はいつも大きいそうです。



今回、ぴったりくる靴を履いて少し痛みが出てしまい、後日にご来店。
まだ足になじんではいないので、少しだけ調整しました。
痛みが出たら脱いで、痛みがなくなったら履いての繰り返しで、
徐々に馴染んでいくので、長い目で見ていただけたらと思います。


表の革は同じでも、裏革で印象がガラリと変わります。
これが選ぶ楽しみなのかもしれません。


 
コメント
コメントする