「由織染織房」さんのピン・クッション。

コロンと可愛い形をしています。

 

余っている糸を丸めて作られたピン・クッション。

それを包んでいる革は、カルツのファーストシューズや革スリッパの中敷きに使っている豚革の端革。

 

「由織染織房」さんは、羊の毛を洗い、紡ぎ、染織し、織るという工程のすべてを行っています。

作品も大きいものから小さいものまで作られていて、どれもとても素敵です。

 

カルツをオープンしてすぐのイベントでご一緒になり、今まで仲良くしていただいています。

「ピンクッションの底に革を使いたい」とご相談いただき、靴に使えない端革を使っていただきました。

 

羊と豚のコラボレーション。

羊毛には適度な油分があり、刺している針の錆びを防ぎます。

豚革で包むことで、針が貫通せず針先が痛むのを防ぎます。

 

「使えないけど捨てるのはもったいない」と思っているものをこのような形で作品にしてくださって感謝です。

 

「由織染織房」さんのインスタグラムでは他にもたくさんの作品の写真がありますので、ご興味ある方はご覧ください。

https://www.instagram.com/yuorisenshokubou/

 

 

 

 

 

 


18日、ラジオに出演させてもらいました。

 

DateFMの「Morning Brush」。

毎週月曜日から金曜日の7:30から11:00まで放送しています。

その中の木曜日のコーナー「HUMAN research」にて紹介いただきました。

宮城県内のお店、食、震災復興など、幅広い内容を、“人”を通して情報を発信するコーナーです。

 

今回事前に電話で収録させていただきました。

パーソナリティは「舟倉薫」さん。

いつも聞いているラジオの声で、緊張しました。

 

カルツのこと、カルツを始める前のこと、そしてこれからのことについてお話させていただきました。

活舌に自信がないので、聞き取りづらかったらすみません。

 

聞いてくれた方、ありがとうございます。

聞き逃した!という方、宮城県の方は「radiko」のアプリを使えば聞くことができます。

ご興味あれば聞いてみてください。

 

私も「radiko」で聞いてみました。

自分の声がイメージしていたのと違いすぎて、誰か他の人が話してるみたいでした。

 

 

Morning Brush http://www.datefm.jp/pgm/brush/

radiko http://radiko.jp/

 

 


宮城県の日刊新聞「河北新報」。

5月19日夕刊の「私の相棒」というコーナーに掲載していただきました。

 

仙台で創作活動を行っている方の愛用の仕事道具を紹介するコーナーです。

 

靴を作るのに使う道具はたくさんありますが、私がより大切にしている道具は2つ。

 

1つは靴を木型に釣込むときに使う「ワニ」。

靴作りを始めるとき、いろんなお店を回り手に馴染むものを探して購入しました。

日本製のものが良かったのですが、今はもう作る人がいなくなってしまいお店に売っていません。

道具がどんどん外国製になってしまうのは、少し悲しいです。

 

もう一つは「革包丁」。

研ぐ角度を変え、「切る用」「漉く用」と使い分けています。

 

今回相棒として紹介していただいたのはこちら。

包丁のこと、私の経歴、どのように靴を作っているかなどを書いてくださってます。

 

「河北新報 デジタル紙面」に登録すればどなたでも前の記事を読むことができるので、ご興味ある方が読んでみてください。

「デジタル紙面」 http://np.kahoku.co.jp/

 

どちらも私の大切な相棒です。

 

 

 

 

 


大人の生活情報誌「りらく」2月号が本日発売になりました。

 

その中の「MONO創り人」というページに掲載していただきました。

このページでは、毎回様々な作家さんの生い立ちから創作に至るまでのお話などをライターさん独自の視点で紹介しています。

 

私も小さい頃を思い出しながらお話させていただきました。

が、あんまり覚えておらず...

ライターさんは大変だったのではないでしょうか。

 

なんと見開き2ページ!

オーダー靴やベビーシューズ、作るときに使う工具などの写真もとてもキレイに撮影していただきました。

 


ご興味のある方は、見てみてください。

 

最後はシンガポールの食べ物について紹介します。

 

シンガポールの料理はスパイシーなものが多く、辛いものが好きな方にはおススメです。

もちろん辛くないものもあるので、あまり得意ではない私でも美味しくいただけました。

 

研修中の朝食は、三澤さんのクラスを何度も受講されている方が用意してくれていて学校で食べていました。

まずはその朝ご飯を紹介します。

 

「ラクサ」

シンガポールのラーメンのようなものらしいです。かなり辛め。

 

「ツィクィ」

おもちのようなものの上に、大根を甘辛く似たものがのっています。

スパイシーバージョンと辛くないノーマルバージョンがあります。

 

「ワンタンミー」

まぜそばのようなもの。ワンタンが入っていましたが先に食べてしまいました。

 

名前は不明。

アーモンドミルクの豆腐と、甘じょっぱいおもちのようなもの。

 

名前を書いてもらいましたが、読めませんでした。

 

「カヤトースト」

有名な朝ごはん。カヤジャムとバターを挟んだパンを半熟卵に付けて食べます。

 

続いてお昼ご飯。

お昼はほとんど学食で食べていました。

 

「チキンライス」

シンプルですが、お米がとても美味しい!

 

 

学校の最寄り駅近くのフードマーケットにも連れて行っていただきました。

お店がたくさんあって何を食べるか悩んでしまいます。

 

最後のクラスは土曜日で学食がお休みだったので、朝ご飯と共にお昼ご飯もいただきました。

ボリューミーなごはん。

 

最後は夜ご飯。

 

三澤さんが「一番美味しい」と断言する中華料理。

 

 

「バクテー」

ニンニクと胡椒が効いたお肉のスープ。なぜかもう一つスープが出てきて、減ると足してくれます。

 

「チリクラブ」

シンガポールに来たらチリクラブ!ということで連れて行っていただきました。

手づかみで食べるので、食べる前の写真のみ。

 

番外編は飲み物。

 

 

小さい頃よく飲んでいた「ミロ」がシンガポールではスーパーにコーナーがあるほど人気。

久しぶりに飲みました。

 

どの料理も美味しくて、日本食が恋しくなることもなく満喫しました。

ごちそうさまでした!

 

シンガポールについては「その3」まで。

時差はわずか1時間、飛行機で7時間ほどなので旅行にもおススメです。

また機会があればぜひ行きたいと思います!

 

 

 

 

 

 

時間が空いてしまいましたが、「その2」です。

ここでは、観光について載せたいと思います。

 

1日お休みをいただき「THE シンガポール」へ連れて行っていただきました。

 

定番のマーライオン。

がっかりスポットとして有名ですが、個人的にはテンション上がりました。

 

マーライオンの後ろにマーライオン。

 

「マリーナベイ・サンズ」

11月でしたが、クリスマス感が凄かったです。

 

「TWG」のショップ。

たくさんの素敵なデザインの缶が並んでいました。

 

よく見る画を撮影してみました。

 

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」

夜景が有名ですが、時間の都合で昼間に。

 

 

夕方からはクラスの受講生の方々が観光に連れて行ってくれました。

 

日本でいう海軍の船が開放されており、船の中を見学してきました。

 

その後は、みんなでご飯。

 

ベトナム料理。

ショッピングモール内のフードコートのようなところに美味しいお店がたくさんあるようです。

 

観光に連れて行っていただいた方々、ありがとうございました。

 

 

食べ物については「その3」で詳しく紹介したいと思います。

 

11月10日から11月18日までの間、シンガポールに行っていました。

 

以前も書きましたがシンガポールへ行くことになったのは、靴職人の三澤則行さんを紹介していただいたのがきっかけでした。

三澤さんは「アートとしての靴」を作られており、ニューヨークで個展をされたり、宮内庁に靴を納めたり、シンガポールで専門学校でクラスを持ったりしている、世界で活躍されている靴職人さんです。

そのシンガポールのクラスでのアシスタントを探しているということで、紹介していただき、この度同行させていただくことになりました。

 

その1では、三澤さんの「レディースコース」の様子を紹介したいと思います。

 

この「レディースコース」では5日間で4僖辧璽襪瞭皹根デザインの靴をマッケイ製法で作ります。

 

これは私が三澤さんの教室に通って作ったものです。

 

場所はファッションの専門学校「TaF.tc」

参加人数は定員の20名。

授業はすべて英語で行われます。

 

1日目はつり込み。

三澤さんが説明をし、その後皆さんそれぞれ制作してもらいます。

 

 

 

2日目は、マッケイ縫いの準備。

 

 

 

糸もご自身で作っていただきます。

 

3日目はマッケイ縫い。

バタバタしており写真撮り忘れました。

 

4日目、5日目でヒールを付け、仕上げ。

 

 

 

皆さん、ほぼ完成しました。

 

 

 

アシスタントながら英語が話せない私。

片言を駆使して、なんとかコミュニケーションを取っていました。

 

海外でクラスを持たれている三澤さんの凄さを、改めて感じました。

優しくしてくれて生徒の皆さん、ありがとうございました。

 

 

その2では、シンガポールの食べ物や観光について書きたいと思います。

乞うご期待。

 

 

 

 

 

 

以前革スリッパのワークショップに参加してくださった方から、プレゼント用にベビーシューズのオーダーを頂きました。

 

デザインは「mitsuami」。

本体は黄色で底革とボタンはベージュ、ベルトは白です。

マジックテープはベージュ、ステッチはアイボリーで可愛らしい色の組み合わせ。

 

中敷きには誕生日とお名前、生まれた時の体重と身長をスタンプ。

かかとにはカルツのロゴが入っています。

 

靴は半透明の箱に入れて、お渡ししています。

 

喜んでいただけると嬉しいです。

ありがとうございました。

 

 

 

梅雨が明けて猛暑が続いています。

皆さん、体調は大丈夫ですか?

私は日頃の体力不足もあり、すでにバテております。

体力はつけた方がいいですね。

 

猛暑スタートの8月のお知らせです。

 

8月は「革スリッパのワークショップ」はお休みとなっています。

ご興味ある方は9月以降のご参加をお願い致します。

 

以下の期間、夏季休暇をいただきます。

電話やメールなどの返信が遅れてしまうことがありますのでご了承ください。

 

8月11日(日)〜8月17日(土)

 

 

先日、東京で「Balance care Lab.」のスキルアップセミナーを受講してきました。

 

「足元からバランスを良くして身体の様々な問題を改善する」インソールを作るために、1st、2ndと学んだことをより理解し活用できるようにと思い参加しました。

 

 

たくさんの方々の足元を良くしてきた先輩方に教えていただきながら実践。

気になることをいろいろ聞けてとても勉強になりました。

 

歩くたび靴の中で動く足に対してのアプローチの仕方を学び、合う靴を作るだけでなく「歩くこと」を考えてインソールの製作もしていきたいと思います。