9月最後のワークショップを、先日開催しました。

 

朝の部には、東京から知人が参加しに来てくれました。

 

 

赤い革と赤いステッチ、そして赤いマニキュアがいい感じです。

 

昼の部にはお2人でご参加。

 

 

 

黄色と緑の革ですが、ステッチは赤とお揃いに。

 

その日のうちにもう片足も仕上げてしまい、仕事場用にと手縫いセットのご注文もいただきました。

たくさん履いてください。

 

お疲れさまでした。

 

 

9月10日に発行された、ものづくり産業広報誌「オガーレ!ACE」で職人として紹介していただきました。

 

「オガーレ!ACE」とは、宮城県がものづくり産業を広めるため、年4回発行している広報誌です。

内容は工場で働いている人々にスポットを当て、その人を通してものづくりの素晴らしさを伝えています。

その中の『技の肖像』という1ページのコーナーで、宮城県の職人を紹介しています。

今回、そこで紹介していただきました。

 

『職人』として紹介していただくの恥ずかしいですが、とても素敵な写真を撮っていただきました。

まだまだ職人には成れていませんが、少しでも近づけるよう、頑張りたいと思います。

 

雑誌は手に取ることが難しいかもしれませんが、宮城県のホームページから見ることができます。

ご興味ある方は、ご覧ください。

https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/sanzin/ogale-ace.html

 

 

 

 

 

夏、サンダルを2足持って、岩手からご来店されました。

サボサンダル。

 

 

しばらく寝かせていたそうですが、デザインを変えて履きたいというご依頼です。

 

イメージの写真をそれぞれいただき、何とか完成。

 

だいぶ変わりました。

 

 

来年の夏、活躍してくれるといいです。

 

 

 

 

昨日、ワークショップを開催しました。

革スリッパのワークショップ、第2弾の初回です!

 

 

普段から革小物を作ったりされているそうで、サクサク進んでいきます。

 

 

 

黙々と縫っています。

 

無事完成。

黄色の革にオリーブ色のステッチが効いてます。

 

もう片足も、頑張って作ってください!

 

どうしても履きたいんです!と持ってこられたウエスタンブーツ。

 

お友達が外国の蚤の市で購入されたプレゼントなのだそうです。

とても手の込んだ刺繍が素敵ですね。

 

バイクを乗るときに履かれるそうですが足が入らなくて、履く予定の前に靴修理屋さんで革伸ばしをしてもらって履いていたのだとか。

なんとか足が入るようにしてほしいということでした。

 

まずは甲の糸をほどき足が入るようにして、足りない部分に革を足すことにしました。

 

切り込みを入れて、どのくらい足すかを測ります。

革を足し、なるべく目立たないようにミシンをかけます。

 

本日お渡しでしたが、足が入るかドキドキです。

 

無事入りました!

お友達にも見せると写真を撮っていました。

 

たくさん履いていただけると良いです。