『河北ウィークリー』で紹介していただきました。

 

『河北ウィークリー』とは、河北新報社が発行しているフリーペーパーです。

東北各地で開かれるイベントや仙台圏のグルメの話題など、さまざまなジャンルの情報を掲載し、仙台市とその周辺市町に配布されています。

 

今回紹介していただいたのは『トピックス』のコーナー。

イベントやエンターテイメント情報を紹介しています。

 

「革スリッパのワークショップ」を載せていただきました。

工房でのワークショップは夏の間お休みし、9月から再開します。

 

大崎にあるカフェ「sakura no ma」さんでのワークショップは、6月29日(土)、7月27日(土)と決定しています。

こちらでは美味しいケーキとお飲み物も付いてます。

 

『河北ウィークリー』はウェブサイト版もありますので、ご興味ある方はご覧ください。

https://www.kahoku.co.jp/weekly/

 

「革スリッパのワークショップ」についての詳しい内容は、カルツのホームページをご覧ください。

http://calz-made.com/

 

 

見にくいと評判だったホームページを新しいものに更新しました。

 

今回はスマートフォン対応になっています。

あまり機械が得意ではないので、うまくできていないところもあるかと思いますが、徐々に改善できればと思っています。

 

更新しきれていない部分もまだありますので、内容などについてはお問い合わせください。

少しずつですが、進めていきますのでお待ちください。

 

カルツのベビーシューズが新しくなります。

 

ベルト部分が三つ編みになった12cmのファーストシューズ。

革の色などを選んでいただくパターンオーダーになります。

 

脱ぎ履きはマジックテープで楽にできます。

 

中敷きには、お誕生日とお名前を。生まれた時の体重もいれることができます。

それ以外にもメッセージやお好きな文字も。

 

こちらは知人の出産祝い。

赤ちゃんは男の子だったので、本体の革はグリーン、底は濃茶、ベルトは白、ボタンは茶色にしました。

ステッチは水色、マジックテープはベージュに。

 

組み合わせを変えると印象もグッと変わります。

お好きな色を選べますのでお楽しみに。

 

今月中に販売を始めたいと思っていますので、もう少しお待ちください。

 

 

梅雨に入った6月。

昨日「革スリッパのワークショップ」を開催しました。

今回は平日なので、朝、昼、夜とあり、それぞれ参加していただきました。

 

朝の部はお一人。

最近、転勤で宮城県に来られた方です。

 

以前は名古屋で革の小物を作る教室に通われていたそうです。

お持ちのバッグも作られたもの。

 

 

経年変化で色が大きく変わる黄色の革と、えんじ色のステッチの組み合わせ。

 

昼の部は、ご夫婦。

以前から知っていただいていて、お二人のお休みが合ったので参加してくださいました。

 

 

 

それぞれの性格が垣間見える作業風景。

お2人ともこだわりのある方だそうで、真剣に進めていました。

 

 

奥さんは赤い革とオリーブグリーンのステッチ、旦那さんは緑の革に白いステッチ。

 

夜の部はお仕事帰りの方。

奥様へのプレゼントだそうです。

 

 

お子さんが子供用のワークショップに参加されているのをうらやましく思っていたそう。

楽しそうに作業されていました。

 

革好きの奥様が好きそうな茶色の革と赤いステッチ。

 

皆さんご参加いただきありがとうございました。

もう片足頑張って作ってみてください。

 

 

 

 

暑かった5月が終わり、ようやく平年並みに戻ってきた6月。

 

今月は大崎にあるカフェ「sakurano ma」さんで行うワークショップが始まります。

ケーキと飲み物が付いた優雅なワークショップですので、気になる方はぜひご参加ください。

 

 

工房で行うワークショップも空きがありますので、どうぞ。

 

6月11日(火) 『革スリッパのワークショップ』in 菅沼靴工房

6月29日(土) 『革スリッパのワークショップ』in sakurano ma

 

sakurano maさんHP

https://sakuranoma.com/index.html