11月、たくさんのイベントに出展させていただきますので、

お知らせします。

 

その前に、本日のイベント。

緑水庵で行われた和草(nikogusa)さん主催の『ハーブで遊ぶ二十四節気七十二候』で、

革靴のお手入れについてお話させていただきました。

 

講義中の写真は全くないので、緑水庵の玄関と革スリッパのサンプルを。

 

毎回お昼ご飯を作ってくださっている田村さんの、本日のごはん。

 

田村さんのごはんはオーガニックや無添加の食材を使っていて、とても美味しく体に良いのです。

さつまいものおにぎりや、柿とカブの白和えなど、秋を感じました。

 

本日参加してくださった方々、主催の和草さん、田村さん、

ありがとうございました。

 

 

さて、11月のイベントのお知らせです。

3週連続で、3つのイベントに参加します。

 

1つ目はアエルの1階、2階アトリウムで開催される『奇数アトリエinAER』

2019年1月から本格スタートする新しいイベントです。

年6回奇数月のみ開催し、東北の様々な作家さんの作品を見ることができます。

今回はそのプレイベントとなっており、第0回なのです。

11月の2日から3日間開催されますので、お近くに来た際には見てみてください。

 

2つ目は『千日紅祭り』

今回は初の夢メッセで開催されます。

カルツは11月10日の2日目のみ参加となります。

詳しくは千日紅さんのブログをご覧ください。

https://blog.goo.ne.jp/to844

 

 

3つ目は、立町のつむぎ雑貨店さんで開催される『冬の小さなおくりもの展』

カルツ含め6名の作家が集まって11月17、18日の2日間行われます。

アットホームな雰囲気になりそうな...

ご興味ある方はぜひ!

 

今、イベントに向けて準備の真っ最中です。

どんなものを販売するのか少しずつ紹介していけたらと思います。

 

 


今更ですが、革スリッパの新色をご紹介します。

 

奥が濃茶で手前が新色、茶色です。

今までの中で一番革らしい色。

 

革スリッパの全色です。

使い続けた時の経年変化が楽しみですね。

 

 

 

9月最後のワークショップを、先日開催しました。

 

朝の部には、東京から知人が参加しに来てくれました。

 

 

赤い革と赤いステッチ、そして赤いマニキュアがいい感じです。

 

昼の部にはお2人でご参加。

 

 

 

黄色と緑の革ですが、ステッチは赤とお揃いに。

 

その日のうちにもう片足も仕上げてしまい、仕事場用にと手縫いセットのご注文もいただきました。

たくさん履いてください。

 

お疲れさまでした。

 

 

9月10日に発行された、ものづくり産業広報誌「オガーレ!ACE」で職人として紹介していただきました。

 

「オガーレ!ACE」とは、宮城県がものづくり産業を広めるため、年4回発行している広報誌です。

内容は工場で働いている人々にスポットを当て、その人を通してものづくりの素晴らしさを伝えています。

その中の『技の肖像』という1ページのコーナーで、宮城県の職人を紹介しています。

今回、そこで紹介していただきました。

 

『職人』として紹介していただくの恥ずかしいですが、とても素敵な写真を撮っていただきました。

まだまだ職人には成れていませんが、少しでも近づけるよう、頑張りたいと思います。

 

雑誌は手に取ることが難しいかもしれませんが、宮城県のホームページから見ることができます。

ご興味ある方は、ご覧ください。

https://www.pref.miyagi.jp/soshiki/sanzin/ogale-ace.html

 

 

 

 

 

夏、サンダルを2足持って、岩手からご来店されました。

サボサンダル。

 

 

しばらく寝かせていたそうですが、デザインを変えて履きたいというご依頼です。

 

イメージの写真をそれぞれいただき、何とか完成。

 

だいぶ変わりました。

 

 

来年の夏、活躍してくれるといいです。