新年度が始まりましたが、新型コロナウイルスの影響で普段とは違う生活をしている方が多くなっているかと思います。

 

宮城県でも外出自粛要請が出たため、毎月開催していた「革スリッパのワークショップ」を4月はお休みさせていただくことにしました。

5月以降の開催に関しては、状況をみて判断していきたいと思っています。

 

以前「革スリッパのワークショップ」に参加してくださった方には「革スリッパの手縫いセット」の販売をしています。

手縫いセットには、甲革、中敷き、底革、スポンジ、ステッチ糸が入っています。

希望のサイズ、革の色、ステッチの色、中敷きに入れるスタンプの文字などをご連絡いただき、すべてご用意してお渡しいたします。

針はワークショップの時に使用したものをお使いください。

必要な方はご用意しますので、お知らせください。

 

自宅で過ごす時間が長くなっている中、ゆっくり革スリッパを作ってみるのはいかがでしょうか。

 

通常はお受け取りに来店いただいていましたが、今回は郵送も承ります。

ご希望の方はぜひご連絡ください。

 

メール:info@calz-made.com

 

 

※「革スリッパの手縫いセット」の販売は、ワークショップに参加してくださった方に限らせていただきます。

 

昨日「革スリッパのワークショップ」を菅沼靴工房で開催しました。

 

平日なので、お仕事帰り夜の部にご参加いただきました。

 

集中して手縫い。

ワークショップでは片足のみ仕上げていただいていますが「その意味が分かりました」とおっしゃっていました。

集中して無心で縫うので、片足縫い終わる頃には集中力が続かないことも...

ご自宅で縫う時は、休みながらゆったり作ってみてください。

 

赤い革にオレンジのステッチ。

キレイに仕上がりました。

 

今回ご参加くださった方は「お友達がSNSにアップしているのを見て教えてもらいました」とご予約いただきました。

お友達から聞いたと来てくださる方が増えていて、とても嬉しいです!

 

参加してくださる皆さんが「楽しかった」と言ってもらえるように、日々頑張っていきたいと思います。

 

 

 

今日は桃の節句。

女の子の健やかな成長を願う日ですね。

「健康は足元から」と言いますが、成長していくお子さんの足はとても大切です。

靴選びなど気になることがあれば、気軽にご相談下さい。

 

 

暗いニュースが多いですが、カルツは変わらずにやっていこうと思います。

 

「革スリッパのワークショップ in 菅沼靴工房」

3月9日(月) 朝の部(9:30〜12:30)、昼の部(14:00〜17:00)、夜の部(18:30〜21:30)

 

「革スリッパのワークショップ in sakura no ma」お飲み物とスイーツ付き!

3月28日(土) 10:00〜13:00

 

ワークショップでは片足を仕上げていただき、残りの片足をご自宅で作っていただいています。

お家の中で過ごす時間が増えている中、ちょっと息抜きにいかがでしょうか。

 

ご希望の方は、カルツのHP内「革スリッパ」のページをご覧ください。

http://calz-made.com/slippers.html

 

 

靴の修理をしました。

 

修理というと靴底の修理を思い浮かべる方が多いと思いますが、内側も修理が必要なことがあります。

今回の修理はその内側の修理です。

 

かかとの内側の革が破れてしまっています。

 

履き口のスポンジが入っている部分も、擦り切れて破れています。

 

修理は破れてしまった部分を外し、新しい革を張り直します。

 

 

履き口もかかと内側部分もキレイになりました。

下の折り返している部分には中敷きを入れるので見えなくなり、固定されます。

 

これでまだまだ履いていただけます。

 

靴の底だけではなく様々な部分も直すことができますので、ぜひご相談ください。

 

 

お孫さんの1歳のお誕生日のお祝いに、ファーストシューズのオーダーを頂きました。

 

ご自分の好みと娘さんの好みとを考えて、色の組み合わせはすごく悩まれていました。

 

左がオーダーを頂いた靴。

右はデザインサンプルです。

 

今回はサンプルと同じ色の組み合わせで、ステッチだけ赤にされました。

比べてみると印象が違いますね。

 

中敷きにはお名前とお誕生日をスタンプ。

カルツロゴの焼き印も入っています。

 

ファーストシューズは色の組み合わせがたくさんあります。

お子さん、お孫さんのことを考えながら選んでいただき、お渡ししてからもその時間も楽しい思い出にしていただけると嬉しいです。