いよいよ底づけをします。
ヒールを取り付け、底を接着。

そして完成です。

今回も途中の写真を撮り忘れ...
すみません...

このサンプルは3月の三越催事で展示します。
 

今回はつり込みをご紹介します。
革を製甲した後、木型に中底を取り付け、これを土台として、革を釣り込んでいきます。

後足部は釘で、前足部は接着でとめています。
革を引っ張りながら木型にピタリと添わせます。
しわが寄らないようにするのが、なかなか難しい...

つり込みに夢中で、途中の写真を撮れませんでした。

次は底付けをして、完成です!


 

3月の三越催事に向けて、デザインサンプルを2足作っています。

デザインを決めたら、型紙を作り、
それが合っているかどうか試作してみます。

トゥにデザインのあるヒールの低いものと、4センチヒールのストラップです。

試作で型紙に問題がなかったら、次は製甲。

トゥデザインは黄色とベージュのエナメル。
ストラップは赤のヌバック。

これからつり込みです。

 

パンプスを作りました。

冬をイメージし、黒ヌバックに裏はカーキで。



ヌバックとは、革の表面を目の細かいヤスリなどで起毛させた革のことです。
毛足が短く、高級な感じがします。

落ち着いた仕上がりになりました。