真っ白い靴の修理です。

 

 

内側がすれて、革切れしています。

 

つま先も傷が多く、革がめくれてしまっていました。

 

 

内側の革切れは、白い革を当てて目立たないように。

 

 

つま先は傷を埋めて、補色。

 

 

さっぱりとキレイになりました。

 

「また履けます。ありがとうございます。」

と、お客さまから嬉しいお言葉をいただきました。

 

また、たくさん履いてください。

本物のトカゲの革でできたバッグの内袋を交換しました。

 

「いつでもいいよ」の言葉に甘え、しばらく寝かせてしまっていましたが、ようやくお渡しできました。

 

表側は革でも、内袋は合皮というバッグはたくさんあります。

 

良いバッグだからこそ、「いざという時のために」と保存していたりしますよね。

そうすると、合皮が劣化してベタベタになってしまいます。

 

 

このベタベタの内袋を、丸ごと革に交換します。

 

 

ポケットも同じように再生。

 

黒の豚革に交換しました。

 

珍しいトカゲ革のバッグ、長く使ってください。

 

 

本日、建築工房零さんのところで『革スリッパワークショップ』を開催しました。

靴工房以外の場所では初です!

 

参加してくださった方は、零さんの住まい手の方々。

 

始めは、お子さんも一緒にわいわいがやがや。

 

しっかりお手伝いもします。

 

手縫いのところは危ないので、お子さんは預かっていただいて、大人の時間に。

 

ご夫婦で教えあいながら。

 

一人の時間を楽しみながら。

 

皆さん真剣に縫ってます。

 

 

 

無事完成。

たまたま皆さん同じ色の革を選んでいましたが、ステッチの色をそれぞれ濃茶、グレー、カーキにして縫っていました。

それぞれの個性が出た仕上がりで、サイズもぴったり。

 

楽しんでいただけたようで、良かったです。

もう片足、お子さんが寝た後に夜な夜な作ってください。

 

 

参加してくださった方々、建築工房零さん、ありがとうございました。

 

 


明けましておめでとうございます。

今年も1年頑張りますので、よろしくお願いします。

 

仕事始めはスリッパ。

約2年間毎日履いていので、スポンジがへたれてしまいました。

 

 

かかとはぺったんこ。

 

まずは解体します。

スポンジと中敷きを新しいものして、縫い直し。

 

左、約2年履いたもの。

右、新しくしたもの。

 

中敷きの色が違いますね。

 

かかともふっくら。

 

蘇りました。

 

履き口が深すぎて、つま先まで足が入らないということで、甲に切れ目を入れてカスタム。

足が先まで入るようになりました。

 

同じようにスポンジがへたれてしまった方、直せます。

気になる方は、ご連絡ください。

 

 

予定では26日に仕事納めでしたが2日伸び、本日が年内最後の仕事でした。

 

今年、ご来店くださった方々、ありがとうございます。

 

今年お世話になった方々、ありがとうございました。

 

たくさんの方々に支えていただき、この1年を乗り切ることが出来ました。

本当に感謝です。

 

来年は少しでもお返しできるよう、頑張っていきますので、よろしくお願いします。

 

 

頑張りどころ、新年1発目のイベントが決まりました。

1月13日(日)『建築工房 零』さんで開催される「革スリッパのワークショップ」です。

 

 

13:00〜16:00の3時間、定員4名の少数ワークショップになります。

ご興味ある方はお早めにご予約いただけるといいかもしれません。

 

スリッパのサイズ、革の色を決めて、1月11日までにご予約ください。

 

ご不明な点などございましたら、気軽にご連絡ください。

 

零さんのイベントページ

https://www.zerocraft.com/events/workshop/6026/?fbclid=IwAR25NvNBL1Rsg7lhBlXk3Fa7R8iyyGBit2QBn2FY-7rpDSV56aPkCzLXfms